体を壊して仕事を辞めたのだけれども、次の仕事が見つからない。
というより、次の仕事を探す気がないのかもしれない。

それは、仕事のストレスで体を壊したことがトラウマになっていて、なかなか新しい仕事を探すのに勇気がいる状態なうえに、今後仕事が見つかるのどうかもわからないような不安もあって、どうしようか考えていた。

そんなとき、”在宅ワーク”という仕事があることを耳にした。
ネットでいろいろ調べてみると結構あって、その中でも有名どころが3社ほど見つかった。

そういえば会社にいるとき、メールするだけでも高収入になっているような話だった。
自分も女性ならそのメールレディをやったかもしれないが、使うほうなので厳しいだろう。

在宅ワークができるという大手の会社は、正直、どれでも良かったのだけど、何でも”シュフティ”という会社は老舗らしい、との情報を得た。その情報を信じてサイトを開いてみると、いろんな仕事があることを知り、その場で会員登録をした。
個人情報の入力にちょっと面倒があったが、簡単にできた。

早速仕事探しをしてみると、アンケートやブログ記事が多く、生活雑学的な案件が多くあったので、できそうな気がして来た。
こういった案件だと特にスキルが必要ないし、初心者でも可能。

まずアンケート系のものをやってみた。
5分ほどで終わり、簡単だし時間もかからない。
アンケート系の簡単なものを少しやった後に、記事を書く案件もやってみることにした。

文字数が少ないものからやってみた。
慣れないうちは時間がかかったけど、数件・また数件と毎日できることから積み重ねてやっていったら、文字数が1000文字くらいの案件もできるようになっていた。
次第に記事を書くのが面白くなってきた。

ひとつの案件の金額は気にしないで、20円とか100円とか差異はあるけど、ひたすら数をこなしていったら、やり始めて1か月を過ぎたあたりで一万円を超えていた。
そんなにやっていた感じがなかったので、これは嬉しかった。

目標金額を決めるときついけど、あまり気にせずひたすら毎日やっているといつの間にか稼げていることになるんだな、と思った。